点字図書館の概要

■新潟県視覚障害者情報センターの目的

新潟県点字図書館は、目の不自由な方々のために点字図書、録音図書などを備え、貸し出しを行う「身体障害者更生援護施設」です。
(関係法令・・・・身体障害者福祉法 第5条・第27条・第34条)

■新潟県視覚障害者情報センターの業務内容

図書の貸し出し・閲覧

点字・録音(カセットテープ)・デイジー(CD)各図書の貸し出し・閲覧が出来ます。
館内でも利用できますが、利用登録者には郵便によりご家庭まで図書をお届けします。
※これらの経費は全て無料です。

点字、録音図書の製作

現在発行されている活字図書に比べ、目の不自由な方々のための点字・録音図書の数は非常に限られています。
そこで、点訳ボランティアの協力により点字図書を、また、点字の触読に慣れていない方々のためには、音訳ボランティアの方々の協力によって、録音図書をつくり、蔵書の充実を図っております。

ボランティアの養成

点訳・音訳・デイジー編集など、図書を製作するボランティアを養成しています。

情報提供と生活支援

目の不自由な方々のご要望にお応えし、生活に役立つ様々な情報を提供しています。
来館者の求めにより、代筆・物品注文代行サービスも行っています。

移動点字図書館

県内各地の公共施設等に出向き、遠隔地にお住まいの目の不自由な方々に点字図書館の利用案内や、図書の貸し出し、情報機器の操作説明などを行っています。
平成18年度 7月三条市(三条市中央公民館)
      8月胎内市(胎内やすらぎの家)
      10月佐渡市(荒天のため中止)
平成19年度 6月佐渡市(佐渡島開発総合センター)
      7月新潟市(新潟市総合福祉会館、NPO法人オアシスサマースクール)
      10月新潟市(新潟市総合福祉会館、新潟県視覚障害者福祉大会)
      10月十日町市(十日町情報館)
平成20年度 6月糸魚川市(ビーチホールまがたま)
      8月長岡市(長岡市社会福祉センター)
      10月新潟市(新潟市総合福祉会館、新潟県視覚障害者福祉大会)
      10月村上市(村上市教育情報センター)
平成21年度 9月新発田市(新発田市ボランティアセンター)
平成22年度 8月上越市(上越市福祉交流プラザ)
      10月新潟市(新潟市総合福祉会館)
平成23年度 10月新潟市(新潟市総合福祉会館)
        10月南魚沼市(南魚沼市塩沢公民館)
平成24年度 6月新潟市(新潟市総合福祉会館)
        9月五泉市(五泉市福祉会館)

ふれて楽しむ美術展

県内の美術・工芸作家のご協力のもと、手でふれて鑑賞することのできる美術展を開催しています。
2002年から始まったこの美術展は、「ふれ美(ふれび)」の愛称で7回の開催を重ねました。
工芸ワークショップなども行っています。
『5thふれ美 ふれて楽しむ美術展・2007』出品作品
『6thふれ美 ふれて楽しむ美術展・2008』は11/29〜12/7に新潟ふれ愛プラザを会場に開催
『7thふれ美 ふれて楽しむ美術展・2009』は11/28〜12/6に新潟ふれ愛プラザを会場に開催

研修・交流行事

史跡や文学ゆかりの地をめぐるバスツアーや、三者交流会などの行事を企画しています。
平成20年9月『天地人紀行(直江兼続公生誕地をめぐる旅)』
平成21年3月『利用者懇談会』など
平成21年7月『良寛ゆかりの地を巡る旅』
平成22年7月『ながおか歴史と自然の旅』

■新潟県視覚障害者情報センターの沿革

指定管理者 社会福祉法人新潟県視覚障害者福祉協会の連絡先
〒950-0121
新潟県新潟市江南区亀田向陽1−9−1
新潟ふれ愛プラザ内
電話025−381−8130(平日のみ)
FAX025−381−8120
新潟県視覚障害者福祉協会ホームページに移動(点字図書館のページ外へ移ります)

トップページに戻る

Copyright © 2006 Niigata Pref. Braille Library, All Rights Reserved.